包茎手術はクリニック選びがとても重要になる

SUB CONTENT

服用について

食事の影響を受けにくいED治療薬

ED治療薬にはいくつかの種類があります。一般的に有名なED治療薬がバイアグラと言えるでしょう。バイアグラにはいくつかの弱点がありますが、この弱点を克服したED治療薬がレビトラです。基本的にバイアグラには食事の影響を大きく受けてしまうといった弱点があります。食後に服用するなら、食事が終わってから2時間以上は時間をおかなければならないのです。また、2時間以上時間を空けても十分な効果を得ることができる可能性は低くなってしまいます。ですが、レビトラの場合はバイアグラに比べて食事からの影響があまりありません。食後に服用することができるでしょう。ただ、食事のメニューには気を付ける必要があります。できるだけ消化に良い食事を取るようにしましょう。

正しい服用方法を学ぶことが大切

基本的にレビトラを服用するのであれば、性行為の1時間程前に服用するのがベストです。空腹時の場合は、服用から30分程で効果が現れてきます。また、10mgの場合は服用してから4時間から5時間程の持続効果があるでしょう。20mgなら8時間から10時間程の間で作用します。一回服用した場合は、24時間以上は感覚を空けて服用するようにしましょう。短い間隔で服用を続けると副作用が現れる可能性があるのです。基本的にED治療薬は脳に作用することはないので、性的興奮を高めることはできません。ED治療薬を利用しても、性的興奮がなければ勃起することはないでしょう。性的興奮による勃起を助けることがED治療薬の役割りなのです。また、食事からの影響が少ないと言われているED治療薬ですが、できるだけ食前に服用するのがおすすめでしょう。レビトラは食事の20分から30分前に服用するのが理想です。